外壁塗装の色選び

外壁なので太陽の下で

より実際の外壁の運用に近い形で比較しなければなりません。

業者にカラーサンプルを見させてもらう場合、室内で色を確認するだけで納得 しては絶対にいけないことも覚えておきましょう。 なぜなら外壁塗装した実物は部屋の中で照明を浴びることはなく、屋外で日光を 受けて人の目に触れるからです。 蛍光灯の光と太陽の光とではかなり違いがあるので、物の見え方も別だと考え なければ正しい判断を下すことは叶いません。 店内でガラスケースの中に仕舞われたフィギュアを買って公園のベンチで並んで 座ってみると、最初の印象とはずいぶん違うと認識することがあるでしょう。 これは光に照らされる対象が変化したのではなく、光が違うからそう見えるのです。 普段は屋内で使われるものならそれでいいのですが、外壁はほぼ間違いなく屋外 に設置されるので色を決めるのなら建物の外で、太陽光を受けてどう見えるかで 決めなければなりません。 また常に雲ひとつない晴天が続くわけでもありませんので、曇りの日にどう映るか も重要になってくるかもしれません。 明るいショールームの中では理想のカラーに見えても、8月の青空の下ではどんな 印象になるか、6月のジメジメした雨の日には壁を見た人に何を想像させるかは わかったものではありません。 サンプルを持ってオールシーズンの屋外を試してみるのはいささか現実離れした 理想論になってしまうのですが、せめて晴天の日に日光を当ててみて自分が望む 色であるかどうかは確認したほうが無難でしょう。 この部分で手抜きをして「失敗した!」と後悔する例も多いので、あまり時間が なくても室内だけで話を進めてはいけません。 もしも可能なら実際に住宅の壁に当ててみて、リフォーム完成後の外壁の姿を イメージするのがベストな行動です。 きっと何種類も展示場にはカラーサンプルがあるでしょうから全てを試す手間は かけれませんが、数点ピックアップして外へ持ち出してみましょう。 またカラーシュミレーションをやってくれる業者もありますが、これはあまり 参考にしてはいけないので注意して下さい。 パソコンでなんのムラも影も無くただベタ塗りしただけのカラーシュミレーション は、実物とかけ離れた物が提供されるだけです。 背景もなければ日光もありませんし、同じ色でもモニターによっては違う色に 見えることもありあまりあてにしてはいけないのです。 なんとなく雰囲気は伝わるでしょうが確実に実物とは別物になります。 携帯電話で撮影した写真とランドセルを背負ったこともない園児が描いた似顔絵 ほどの違いがあるので、本気でカラーを選ぶつもりならこれは使わないほうが いいと断言するアドバイザーもいらっしゃいます。 モニターによって違って見えるのなら印刷すればいいじゃない、と考えるかも しれませんが、出力先が違うだけで同じことです。 プリンターもメーカーや機種によって色彩が同じにならないことも多く、また インクジェットプリンタとレーザープリンターのように出力方式が違えば違う 印象を与えることになるでしょう。 パソコンは計算させたりインターネットで調べ物をするのにはとっても役立つ機械 ですが、外壁塗装のカラーシュミレーションではたいして役に立たないのです。 色だけ知りたいのならカラーサンプルで充分ですし、それよりも屋外でどう見える のかが重要になるので、パソコンを操作する暇があったら建物の外へ出て太陽に サンプルをかざしてみましょう。 もし当日太陽(サン)が雲に隠れていたら雲にかざしてみましょう。 ショールームで受ける印象よりも実物に近いはずです。