外壁塗装の色選び

外壁リフォーム

たまには住宅の外壁・屋根塗装でリフレッシュしてみましょう。

何年か同じ建物に暮らしていると住宅が経年劣化していくこともありますし、 気分転換も兼ねて外壁塗装・屋根塗装をして新鮮な気分を味わいたくなります。 何年も同じ色の壁・屋根でも生活するうえでは困りませんが、実は自分が思っている以上に色は褪せて劣化しています。屋根も放っておくと経年劣化で雨漏りの原因にもなります。外壁・屋根塗装で住宅の雰囲気を変化させれば 心もウキウキになりますし、防水効果で雨漏りの心配もなくなり晩御飯もおいしくいただけます。 その数時間後には就寝前の歯磨きをして、ピッカピカの家の外観に思いを馳せて グッスリ眠りにつくことが毎晩の日課になれるでしょう。

続きを見る

面積と色

同じ色(カラー)でも大きさで受ける印象は違ってきます。

外壁の色を小さなカラーサンプルで決めてしまうと、実際に壁にそれが適用された 場合サンプルで受けた印象よりも明るく感じられます。 これは面積効果と呼ばれるもので、全くの同一の色でも面積の広さによって違った 色彩に見えてしまうのです。 小さな面積だと低明度に感じられて暗く見える、大きな面積だと明度と彩度が高く 感じるので明るく見える、これは塗装業界では有名な話です。

続きを見る

外壁なので太陽の下で

より実際の外壁の運用に近い形で比較しなければなりません。

業者にカラーサンプルを見させてもらう場合、室内で色を確認するだけで納得 しては絶対にいけないことも覚えておきましょう。 なぜなら外壁塗装した実物は部屋の中で照明を浴びることはなく、屋外で日光を 受けて人の目に触れるからです。 蛍光灯の光と太陽の光とではかなり違いがあるので、物の見え方も別だと考え なければ正しい判断を下すことは叶いません。

続きを見る

風景と外壁塗装

素敵な住宅だと思わせたければ外壁塗装した場合の風景も考慮です。

誰でも自分の好きな色は持っていますし、これこそが私のカラーと主張する色を ひとつは認識しているでしょう。 そんな色で外壁塗装をすればさぞかし気分もよくなるでしょうが、他人の視点から 素晴らしくみえるかは少し疑問があります。 色だけを見て考えてよいのなら外壁や住宅の色を決めるのに皆さん苦労はしません。 周囲との調和も考慮しないと場違いに感じられる、その場から浮いている奇抜な 住宅扱いをされることもあるので、ただ好きな色に塗装するのでは良い住宅に なってもらいたい、という願いを叶えるのと同じではありません。

続きを見る