外壁塗装イメージ

失敗しない外液塗装の色選びとは

外壁塗装業者イメージ マイホームを建てたあと、一番最初に大掛かりなメンテナンスとして必要となるのが外壁の塗り替えではないでしょうか。
一般的に、外壁の塗り替え時期の目安として、新築で築10年後と言われています。 10年と言われると、とても長い年月のように思えますが、実際に生活していると、10年なんてあっという間のように感じられます。 まだまだ新築、建てて間もない、と思っていた我が家も、よく見てみると経年劣化に気付きます。
中でも外壁や屋根は、常に風雨にさらされている箇所ですので、他と比べても経年劣化が早くても、致し方ありません。 外壁塗装はなかなか大掛かりな工事になりますので、費用も掛かってしまいますが、これを機に、屋根や壁の亀裂など、補修すべき個所が無いかの点検も兼ねて、 引き延ばさずに行いましょう。
さて、外壁塗装の塗り替え、外壁リフォームのタイミングで外壁塗装の色を今までと変えるという人が割と多くいるようです。
外壁塗装の色は、住宅の外観の大部分を占めますので、色を変えるとガラッと印象が変わります。 ということは、外壁塗装の色選びは言い換えれば住宅のイメージを左右するとても重要なポイントになります。
自分の好きな色だから、という簡単な理由で選んでも、実際に塗装してみると違和感を感じたり、景観に馴染んでいなかったりするという失敗の恐れがあります。 塗装の色見本や小さなサンプルを見ただけでは、なかなか想像しにくいもの。 当サイトでは、外壁塗装の色選びにおけるポイントを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。 でも、実際に色を決める際には、プロである施工業者に相談しながら慎重に決めてくださいね。

岡崎・西尾で外壁塗装
外壁と屋根の塗り替えプロ集団!
岡崎店(岡崎市羽根北町)
お問合せ:0120-558-355
西尾店(西尾市道光寺町)
お問合せ:0120-778-276
http://kanal-paint.jp/

CONTENTS

  • 外壁リフォームイメージ

    外壁リフォーム

    マイホームに暮らしていれば避けては通れないこと、それが外壁リフォームです。 当然ですが、雨ざらしの状態ですし、風雨だけでなく、日光による紫外線の影響などもあり、思った以上に外壁はダメージを受けているんです。 外壁塗装に使われる塗料も研究され、年々進化していますので、住宅建築当時よりも、優れた性能の塗装で塗り替えることで、少しでも劣化を送らせることに繋がりますので、 外壁の塗り替えはぜひ実施すべきです。壁のひび割れがある場合はあわせて補修も行います。

    続きを読む...

  • 面積と色イメージ

    面積と色

    外壁塗装の色を選ぶ際のポイントを紹介していきます。 住宅の外壁はとても広い面積ですので、色を少し変えただけでも見た目に受ける印象は大きく変わってきます。 手のひらサイズの塗装見本やパンフレットに印刷された色見本から、自分なりに想像したイメージと、実際に塗装した後の住宅とでは、かなり差があることがよくあります。 もっとサンプルでは優しい印象の素敵な色だと思って決めたのに、施工後に見ると、思ったより濃い色だった、なんていう体験談をよく耳にします。

    続きを読む...

  • 外壁なので太陽の下でイメージ

    外壁なので太陽の下で

    既に前項で触れていますが、外壁の色を選ぶのはサンプルを参考にするしかありません。しかし、サンプル品はとても小さいので、そこから思い描くイメージと、 実際に塗った後の住宅とでは、差がどうしても出てしまいます。この差を少しでもなくすために、塗装サンプルを見る時に、外に出て太陽の下で見ることをおすすめします。 また、他の住宅を何軒か見て、自分の好みに合った外壁の色を見つける、というのも一つの手です。実物大のサンプルとも言えますから、失敗の可能性が低くなります。

    続きを読む...

  • 風景と外壁塗装イメージ

    風景と外壁塗装

    外壁塗装の色選びで、つい見落としがちなポイント・・・それが景観に馴染んでいるかどうか、という点です。 例えば、自分がピンク色が好きだからといって、ピンク色に外壁を塗り替えたとして、自分はイメージ通りで満足でも、周囲の風景とマッチせず、浮いてしまっているというような 状況になってしまったら残念ですね。実際に、外壁の色が街の景観にそぐわないという理由で近隣住民とのトラブルになってしまったケースもあります。 自分の好みを押し通すのではなく、周囲との調和も考慮しましょう。

    続きを読む...