外壁塗装の色選び

外壁リフォーム

たまには住宅の外壁塗装でリフレッシュしてみましょう。

何年か同じ建物に暮らしていると住宅が経年劣化していくこともありますし、 気分転換も兼ねて外壁塗装をして新鮮な気分を味わいたくなります。 何年も同じ色の壁でも生活するうえでは困りませんが、住宅の雰囲気を変化させれば 心もウキウキになり晩御飯もおいしくいただけます。 その数時間後には就寝前の歯磨きをして、ピッカピカの家の外観に思いを馳せて グッスリ眠りにつくことが毎晩の日課になれるでしょう。 ですが頭に理想を描いて外壁塗装をしても思っていた通りに実現するとは限らず、 予想を裏切られる結果に心が沈んでしまうこともあります。 こんな色にしよう、という目論見とは違った仕上がりになってしまった人の話も よく聞きますし、なかなか上手くかないようです。 打ち合わせで施工業者に見せてもらったカラーサンプルと同じ色のはずなのに、 実際に完成してみたら印象がかなり違うものになることは大きな住宅ではありがち なようで、あまり単純に考えていると痛い目にあうでしょう。 これは業者の手配ミスで起こることではなく、本当にサンプルと同じカラーで 塗装された場合でもそうした印象を受ける依頼者が本当に多いのです。 その原因は屋内で照明の光を受けている状態のカラーサンプルと太陽の光を受けて いる状態では違った色に感じられる、ということもありますし、周囲の景観によって 印象がかわってしまう、というのもありますし、今日は天気が良くないからあまり 色鮮やかに見えなかった、というのもありますでしょうが、とにかく小さなカラー サンプルを打ち合わせのテーブルの上で見るのと実際に外壁塗装された大きな実物 を青空の下で見るのとでは、印象は大きく違ってくるのです。 また実物は外壁の様子だけではなく屋根やサッシ、ドアなどとのバランスによって 受ける印象も変化しますし、少し離れて観察すればお隣の建物との調和も重要に なることに気がつくでしょう。 なのでサンプルのカラーだけを見て「これいいね、決定しちゃおうよ」と安易に 指定するのではなく、周囲の風景に溶け込むかどうかも考えなければなりません。 強烈で眩しいほどの真紅に外壁塗装をすることは一般的な住宅街ではあまり行われ ませんし町並みからも浮いてしまうので避けるべきことですが、もしそこら一帯が 赤くて南側も東側も西側も北側も真紅の建物ばかりなら、同じように真っ赤に塗装 した方が街並み作りとしては正解になるでしょう。 このように外壁塗装をして住宅をリフォームする場合は、どんな色にするかは単純 に好きな色を選択しればよいわけではありません。 そしてカラーサンプルだけを見て参考にしてもいけません。 こうしたことを知らずに色を決めてしまったばかりに「狙っていたイメージとは かけ離れた壁になっちゃったな。もう一回やりなおすのはお金もかかるし我慢して 数年間過ごすか、気が進まないけど」と冴えない表情でしばらくの間過ごす家主は 日本全国に何人もいらっしゃるようです。 毎月壁を塗りなおすのならちょっとだけ耐えればいいですが、外壁塗装は一度 行ったら5年近くそのままで過ごすご家庭がほとんどです。 費用もかかるので色が気に入らなかった、位の理由で再度やり直しをすることは 家計に大ダメージを与えるので、よほど問題のある出来栄えでない限りは奥さんも ゴーサインを出してはくれないでしょう。 塗りが趣味だから自力で塗装するぞ、という旦那さんでも、ペンキ代のことを計算 するとそう頻繁に塗れるものでもありません。 狭い面積なら不可能ではなさそうですが、住宅の印象を大きく変えるほどの面積を 塗装するには塗料もそれなりの量が必要になります。 なので劣化による理由以外で外壁塗装をしなくても済むよう、そして満足のいく 出来になるように適切な色を選ぶように注意しましょう。 特に初めての方は先輩や後輩にアドバイスをもらいながらが安心です。